ストロングおじさんのパワポでまとめるRTDの世界

RTDとはReady to Drink、栓を開けてすぐ飲める、缶や瓶入りのチューハイ・カクテル・ハイボール等の総称です

アサヒビールの『スーパードライ ザ・クール』を飲みに「DRY THE COOL BAR」に行ってきた!

こんばんは!ストロングおじさんです。

先日、アサヒビール様の新作ビール『スーパードライ ザ・クール』を飲みに、原宿の「DRY THE COOL BAR」に行ってきましたので、その様子をレポします

『スーパードライ ザ・クール』とは?

本製品は2019年4月9日に発売されたスーパードライの新ブランドです。

f:id:strong_ojisan:20190523222052j:plain

スーパードライの“さらりとした飲み口”、”キレ味さえる辛口”といった特徴をキープしつつ、さらに苦味・渋みを抑えたテイストになっているとか。

何故アサヒビールが今このような製品を出したかというと、20-30代の若者向け需要を創出したいからだそう。ビールの需要がじわじわと低下している昨今、特に若者のビール離れが深刻なようです。

しかし、苦味も渋みも抑えたビールですか!缶チューハイのように甘く飲みやすい味に慣れたから彼らには、ビールの渋みや苦みには抵抗感があるんでしょうかね?

ちなみに、おじさんは34歳の若者ですが、苦いビールは大好物ですけど。

 

また、この『ザ・クール』は業務用限定での発売になるようです。と、いうのも、最近の若者は外飲みの比率が圧倒的に高く、また、外飲みの場を自分らしさの開放の場ととらえているそうです。そんな若者世代が、“仲間と一緒にビールを飲んで、開放的に盛り上がる”、そんなシーンに合うようにクールな味わいとパッケージにしてるそうです。

ちなみにおじさんは34歳の若者ですが、ほぼ毎日家飲みをし、自分らしさをパワポにのっけて表現していますけど。

 

「DRY THE COOL BAR」とは?

さて、今回訪問した「DRY THE COOL BAR」は、そんな『ザ・クール』のコンセプトショップです。

新製品が飲めるだけでなく、Instagramとコラボした空間演出やフード等、若者向けのクールな世界観を表現したお店のようですね。若者の街・原宿に2019年4月12日(金)~6月30日(日)までの間、限定オープンしています。詳細は下記リンクを参照下さい。

www.asahibeer.co.jp

よーし、新製品を飲むだけでなく、おじさんもインスタ映えする写真たくさんとっちゃうぞ~!という意気込みで、行ってまいりました!!

「DRY THE COOL BAR」に行ってきた!

f:id:strong_ojisan:20190523222522j:plain

さて、やってきました!オシャレな原宿の中でも、ひときわCOOLでオシャレなショップですね。満員らしく、10分くらい待ってから入りました。大盛況ですね!

 

f:id:strong_ojisan:20190523222603j:plain

メニューはこんな感じで、1Fのレジでキャッシュオンデリバリーします。

ザ・クールは200円/本。また、FOODメニューはフレンチフライ、スライダー等があります、、、って「スライダー?何それ?」と思いましたが、一口サイズの小型のハンバーガーのことらしい。へ、へぇ。

おじさん、スライダーと言えば伊藤智仁しか思い浮かびませんが、最近の若者の間では、流行ってるんですかね?せっかくなので、注文してみましょう。

 

f:id:strong_ojisan:20190523222806j:plain

FOODは少し時間がかかるようなので、まずはキンキンに増えた『ザ・クール』が渡されます。うひょー、うまそ。

 

f:id:strong_ojisan:20190523222924j:plain

さて、飲食用の席は2階になります。うーむ、実にオシャレなつくり。来てる人たちも、オシャレな方が多く、みんなでワイワイやってますね。そんな中、1人ぽつんとカウンターの端っこを陣取る、別にオシャレでない私。さ、さみしくなんかないぞ!俺はお酒を飲むのを目的に来たんだから!!

『ザ・クール』を飲んでみた!

f:id:strong_ojisan:20190523223013j:plain

さて、それでは早速『ザ・クール』を飲んでみましょうかね!なんとなく既視感のあるデザインですが、そのお味は果たして、、、

 

 

うーむ、飲み口はスーパードライらしいすっきり感はあるな

しかし、後味は本当に苦味や渋みがない。かといって、軽いわけではないのだが。。。

これは、COOLというのだろうか?個人的には『スーパードライ マイルド』のほうがしっくりくる


と、いう印象かな。

悪いものではないが、個人的には好みとは少し違うかも。でも、ビール慣れしていない若者には受けそうですね!

かくいうおじさんも、大学時代はビールが飲めず、ビール好きになったのは社会人になってからです。大学時代にこんなビールあったら、「あwこれなら飲めるww」ってヘラヘラしていたかもしれません!

それに、アサヒビール様も別に各社のビールをいちいちマトリックスにまとめて講釈を垂れる若おっさんをターゲットにしてないでしょうしね(笑)

 

f:id:strong_ojisan:20190523223140j:plain

カルピスをいれて飲んでみたぞ!

f:id:strong_ojisan:20190523223214j:plain

さて、アサヒビール様はこの『ザ・クール』の飲み方として、色々なものを混ぜて飲むスタイルを提唱しているようですね。確かに、苦みがないので、合わせやすいかも。こちらのBARには、同じアサヒグループのカルピスが置かれていました。物は試し。Let’s Tryしましょうか。

 

f:id:strong_ojisan:20190523223246j:plain

カルピスを混ぜて飲んだその感想は・・・うーん、そのままのほうが美味しいかな笑。『ザ・クール』もカルピスも柔らかい味だし、もう少しシャープな味のものと混ぜたほうがいいかな。ライムとかレモンとか。そっちはすごい合いそうです。

Foodメニューを食べてみた!

さて、いい加減FOODメニューをいただきましょうかね。ポテトは何のこともないポテトでしたが、スライダーは楽しみですね!

f:id:strong_ojisan:20190523223322j:plain

見た感じはなかなかオシャレです。なるほど、ソースはディップして食べるのか。そのお味のほうは、、、

 

f:id:strong_ojisan:20190523223446j:plain

あ、とても美味しいです!

おじさん、ハンバーガー大好きだけど、飲みながら1個はなかなか食えんもんね。こんな風に、一口サイズでハンバーガーを食べられるのは、大大大歓迎なので、これは流行ってほしいなぁ。。。

インスタ映え抜群!フォトブースで写真を撮った!!

さて、ビールとFOODを堪能した後は、インスタ映えする写真でも撮って帰りましょうかね。

f:id:strong_ojisan:20190523223530j:plain

と思っていたら、おあつらえ向きのフォトブースがあるではないですか!こちらに『ザ・クール』を置くと、バックのモニターに色んな動画がでるらしいですよ!!おおお、おじさんこういうの大好きです。早速、トライしてみましょう笑

おおおお、これは楽しい!しかも、ランダムで動画が切り替わるみたい。どれもカッコいいので色々試してみたくなりますね!

 

f:id:strong_ojisan:20190523224052j:plain

おお!OPEN YOUR STYLEとな!自分の個性をさらけ出せということですな!

 

f:id:strong_ojisan:20190523224058j:plain

さらには、Cheers!これはモニターに向かって、(一人で)乾杯するしかないですな!!

 

 

 

 

と、34歳のおっさんが、、、しかも一人で、、、何度もこれをやりながら、写真や動画をパチパチやってるの、、、よく考えたらちょっとイタイかもしれませんね。

急に恥ずかしくなり、そそくさと店を後にしました。。。よし、この後いつもの大衆酒場で普通のスーパードライを飲も!(←おい)

まとめ

以上がレポートになります。『ザ・クール』が好みにあうかどうかはともかく、お店のほうはこのブランドの世界観をうまく表現した、よくできたコンセプトショップだったと思いますよ。

原宿や表参道訪れる機会があれば、ぜひぜひ立ち寄って『ザ・クール』の味わいとその世界観を感じてみてください。6月30日までやっているので。

また、『ザ・クール』は一般の飲食店向けにも、既に結構展開が始まっているらしく、飲める店リストがありました!よろしければご参考に。

retty.me

『スーパードライ ザ・クール』は伸び悩むビール市場の起爆剤となり、新たなビール需要を創出することができるのか!?その動向をふるえて見守りたいと思います!!